猫の長毛種はお尻の毛をカットしないと,におう

どうも慎二です|ω・`)ノ ヤァ

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

まゆぞう
まゆぞう
最近うちのねこちゃんがすごくおしっこくさい。トイレはちゃんと覚えているし、トイレもまめに掃除してるのになんで?なにか対策はないかしら。

というお悩みがあります。

なわけで今回のブログの内容は。

・猫のニオイのもとはお尻の毛

・思い切ってカットしよう

 

わがまま猫を家で飼い始めてはや5年。

飼い主に威嚇という悪態をついたり水を全く飲まなかったり、膀胱炎でソファーにおしっこをしまくってだめにしたりとなかなかの問題児でした。

そんな猫を長年の動物への観察眼で解決へ導いてきた僕が、猫のニオイ問題について解決していきます。

 

猫のお尻の毛をカットする理由

見てくださいこの立派な尻毛を。伸びやかなスタイルで優雅さを演出するペルシャらしい毛並みですが、実はこの尻毛付近が悪臭の原因となっていたので。

ではその理由をお話していきます。

 

おしっこが染み付いて臭い。

意外と問題だったのがおしっこ。

うちの猫トイレはいわゆるシステムトイレで、上段におがくず、下段にペットシーツの構造となっています。

 

このおがくずがちょっと目を話すとおしっこをすごく吸収していて、その場に猫が何回もするもんだから、足とかお尻の毛に匂いが染み付いちゃうのです。

そんな状態で布団に入ってきたりするもんだからなーんか臭い。

 

トイレを常に清潔にすることも重要ですが、お尻に染み付かない工夫も重要です。

 

うんこがついている

むかしっから軟便グセのあるうちのソフィ。

 

最近では便も安定して餌も固定しているのでほとんど問題なくなってきていますが、たまに脂の多い刺し身を上げると軟便になります。

 

そんなとき毛が長いとお尻にベッタリとつくのです。

尻につくだけなら良いけど、そのまま床に座ったり、布団に入ってこようとするもんだから大問題です。

 

刺し身を挙げないというのも重要ですが、対策がいるでしょう。

 

毛玉になることもある

問題なのは匂いだけでなく、毛の塊ができることもあります。

特に換毛期に当たる今頃は、抜け毛も多ければそれが体毛の中で絡まってどんどん大きな塊となっていきます。

 

まるでねこのふ○り。。。メスですからね!

 

とりあえずこれは対策なのかどうかわからんですが、短くしたほうが良いでしょう。

女の子なので立派なものはいらないです。

 

ニオイ対策はカットすること

これだけの問題がある上に、伸ばしっぱなしでは見た目も汚くなる。

その解決策といえば尻毛をカットすることが一番です。そのための注意点をいくつか上げていきます。

 

二人でやるのが無難

あなたのお猫様がどれほど行儀が良いかわかりませんが、うちのソフィは毛の手入れを始めると超絶不機嫌になります。

 

うなり始めてからひっかき、最後には志村けんみたいな声出しながら噛み付いてきます。

そんな状況で冷静に切るのは大変です。

 

油断して鋭い爪で引っかかればあとが残るほどのダメージになりますし、ハサミが猫にあたって怪我するとさらに大変です。

というわけで抑える人、切る人と二人でやったほうが無難です。

 

切れ味の良いハサミで

意外と重要なのがこれです。

ハサミの切れ味悪いとうまく毛が切れず、引っかかったりして猫の琴線に触れます。

非常に危険です。

 

先程の怒りの矛先がどちらに向いても危ないですから、できるだけストレスがかからない方法を探ってください。

まずはできる限り切れ味の良いハサミを使いましょう。

 

肉を切らないように気をつけて

見た目通り、こいつら超フカフカです。

しかも恐ろしいことに引っ張ると皮膚が結構伸びる。

 

なので尻毛を切るのに毛の長さを目測でテキトーに肌を切らないようにと思って引っ張って切ると、皮膚ごとやっちゃう場合があります。

 

それはもう大変な自体になりますから、本当に気をつけてください。

もしやっちゃった場合は問答無用で動物病院へ走ってください。

もちろん電話してからですよ。

 

臭い猫ともおさらばです!

こうして無事に尻毛がスッキリしたソフィさん。

 

日常生活も布団ライフも満喫できています。

コロナの影響で自粛が声高に言われる中で一番人生を謳歌しているといって過言ではないでしょう。

 

猫自身はきれい好きでもともと匂いも少ない動物ですから、我々としてもおしっこ臭さやうんこに悩まされないので安心して可愛がれます。

今回ご紹介した尻毛カットですが、ペットショップや獣医さんでもやってもらえるので、自信のない人は人に任せて
しまったほうが良いでしょう。

 

快適な猫ライフを!

ではまた。







ねこ

Posted by シンジ