歯から考える、人間と食べ物の関係

どうもシンジです|ω・`)ノ ヤァ

いつもご覧いただきありがとうございます

実は会社で若干揉めているのですが、

うちの会社は有給休暇はほとんど取れない。

それこそ病欠とか身内が死んだとかじゃないと取れない

だから僕も例に漏れずマックスで有給が残っている

で、退職の話をしているときにそれを説明し

この日で退職したいという話をしたのだが

(゚Д゚)ハァ?

て感じで強制的に7月いっぱいにされました。

ただこっちも生活がかかっているもので、、、

なんとかいい方法はないかと

今日は労組の偉いさんに相談しました

いい返事が返ってくるとうれしいです。

と、

どうでもいい話をしてしまいましたが、

世の中には会社側の人間、

雇われる側の人間等いろいろいますが、

人間はこのように

どっちかに固まって生きていけません。

人間関係も然り、食事も然り

ここで唐突に話は変わりますが、

人間は雑食と言うが実際何食べるのが一番なの?

体に良いって言うし野菜?

タンパク源だぜ肉?

日本の心、米?

雑食と言われてもいまいちよくわかりません。

バランスよくと言われても難しい話です。

ここで僕なりに調べてみたのですが、

生き物の歯を見てみれば

答えが出るのではないか?と

実際に歯を見てみると

犬や猫など肉食動物の歯は前歯が小さく、

大きな犬歯が生えててその他も尖った歯が多く、

肉などを切り裂きやすいようにできています。

これは基本的に肉を食べやすいようになっており、

事実、猫も犬も野菜なんて殆ど食べません

てゆーか食べるものと認識してないはず

そして馬や牛のような草食動物は、

逆に門歯と言われる前歯で葉っぱをむしり取り、

奥歯ですりつぶすような仕組みの葉になっています。

これじゃあもし肉があっても食べられないよね

そう、肉食と草食のはっきりしている場合は

このように分かり易いが、

人間は雑食、肉も野菜も食べます

雑食の生き物はそれぞれに特徴的になっています。

ネズミなどは硬い木の実や種子類を食べることが多く

それを砕きやすいように大きな前歯があります

そして奥の方にすりつぶす歯があります。

人間に近い生態系でいくと、

ゴリラは前歯が上下4本づつあり、犬歯が上下2本づつ

休止が10本づつ計32本の歯で成り立っています

人間とほぼ同じ並びで数も同じです

そんなゴリラの主食は木の実や果物、葉っぱがメインです

でもたまに虫なども食べてしまうそうな

でも犬歯がすごい発達してますよね。

人間の歯も似たような感じなので、

人間も殆どは木の実や果物、

葉物野菜などをメインで食べるのが

いいのかもしれません。

でも流石に虫は食えねぇな、、、

ということで魚や肉は

多少食べる程度でいいのではないでしょうか?

歯の割合で行くと

前歯8:犬歯4:臼歯10

なので、それに対応して食べていくと、

野菜2:肉・魚1:穀物・果物5

といった感じの話になります。

やはり人間の主食としては

雑穀・木の実のような

食べ物をメインで食べつつ、

野菜や肉を少し食べるといった食べ方が、

いいのではないかという結論です。

歯って面白いですよね

その動物の歴史や、何を食べればいいか等

だいたい導いてくれます

しかし、この話に関してはまだまだいろんな

見解があるようです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシンジをフォローしよう!

スポンサーリンク
まゆぞう1




まゆぞう1




スポンサーリンク
まゆぞう1