ギブソンTAKDCのノイズがひどい、原因を追求してみる

どうもシンジです|ω・`)ノ ヤァ

いつもご覧いただきありがとうございます。

我が家周辺は朝晩が冷え込むようになり
すっかり寒い季節となりましたが。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

ライブも明日に控えているので
体調は万全にしておかなくては。

アルコールの量を控え

水分をしっかりとって

早寝早起きをする

ん、よく考えたら全部もうムリだ(ノ∀`)アチャー

というわけで本題。

GibsonTAKDCのノイズが酷い

そう、購入当時
音の立ち上がりの良さや弾きやすさ、
カスタムルックなそのデザインなど
全てにおいて僕の気持ちを
高ぶらせてくれていたTAKDC。

そんな彼には問題があった。

ノイズが酷い。

アンプに繋いで歪ませるとノイズが乗る乗る。

ほんとノリノリで乗ってくる。

しかも購入当時から
ピックアップセレクターが悪いのか
切り替えによって音が出なくなったり
高額ギターにあるまじき問題も頻発。

今考えれば電気関係は最悪な作りだ。

そこで今回は
そのへんを全部直して
ノイズの原因を探ってみる。

とはいっても専用の道具が
あるわけでもないので
地道に対策を練ります。

サーキット周辺

サーキット周辺を早速開けます。

ん、配線が汚い。

実は以前、音の出ない理由は
ピックアップが悪いと思って
他のギターのピックアップを
移植したことがあった。

そのときに配線しなおしたんだけど
じつは問題がなかったので
テキトーに戻したんだよね。

それもノイズの原因の一つかも。

弦アースは、
つながってると思うんだが
これもアンカーを抜いて
確認する必要があるな。

あとはキャビティの中には
電導塗料が塗られていない。

電導塗料は塗ることで
ノイズの対策になるが
高音域が削られる原因にもなるので
塗らない場合もある

という話もある。

でもさ!
ノイズで使えないんじゃあ意味がないよね!

これも対策だな。

というわけでこれを注文

 

あとはひと通り見たところ断線などもなく、
ノイズの原因になりそうなものは
これ以上は見当たらなかった。

ではお次は情報収集だな。

ネットで情報を探す!

ん、情報が少ないね( ´∀`)bグッ!

とはいえど参考にはなるはず。

しらべてみるとGibsonTAKDCは
トグルスイッチの質が悪く、
ここから色々な問題に
波及していることが多いらしい。

( ゚ ρ ゚ )ボー

やはりおまえか!

その他はあまり情報がなかったので
この2つに絞って対策を考える。

対策はなんだ

対策としては

まずはサーキット類を全部分解し、
電導塗料でキャビン内をコーティング

もちろんトグルスイッチ部や
ピックアップ裏にも塗ります。

そしてアンカービスで
それぞれにアースを落としていく。

あとはプラスチックの蓋に
アルミテープを施工。

これで外部からのノイズ対策になるぞ!

一応の対策はできるはずだ。

次にトグルスイッチの交換。

これは重要だな。

諸悪の根源と言われている
トグルスイッチを野放しにする理由はない。

交換だ。

3つ目に弦アースの確認

まぁ購入して5年ほどしかたってないから
まさか弦アースが断線してるとかないよね。

一応これも確認が必要だ。

というわけでこの3つの対策を
施工することにする。

電導塗料は楽天で確保!

トグルスイッチは
近くの楽器屋で確保してこよう。

アンカービスは、、、コメリかな。

とりあえず揃い次第作業を開始する!

*整いました

どうもシンジです|ω・`)ノ ヤァ いつもご覧いただきありがとうございます。 日曜日はオリジナルバンドの初ライブでした! とても楽...

ではまた!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシンジをフォローしよう!

スポンサーリンク
まゆぞう1




まゆぞう1




スポンサーリンク
まゆぞう1