シートヒーターを後付するためにいろいろ考察してみた~トヨタ プリウス~

どうもシンジです|ω・`)ノ ヤァ

いつもご覧いただきありがとうございます。

今日イチのトピックスといえば

ついにコロナ北陸上陸!

ですね。

当初は若い子には感染しないとか
目が合うだけで感染するとか
わけのわからない情報が交錯していましたが、

まぁなんでもいいのです。

きてしまったものは仕方がありません。

手洗いや消毒をしっかりして、
人混みを避けるなど
自己防衛するしかありません。

まぁでもこんな事言うのは
不謹慎かもしれませんが、
インフルエンザほどひどい
流行り方してませんから
そこまで焦る必要もないでしょう。

テレビみたいなクソメディアが
話題がないからこれ幸いと
コロナウィルスを騒ぎ立てるので
かかったら即死ぐらいの印象ですが、

すでに治ってる人何人もいるからね。

とりあえず飯食って栄養つけて、
普段より無理せず余裕を持って仕事する。

それが一番です。

間違ってもメルカリとかヤフオクで
たっかいマスクなんて買わないでね。

買う人がいるから買い占める人が
出てくるわけなので

買う人も同罪です。

マスクに5千円も1万円も出すなら
その分いいご飯食べて
幸せホルモン出したほうがよっぽど効果的です。

ただ可愛そうなのは花粉症の人だよ。

諸悪の根源である転売ヤーは
コロナと花粉にまみれて
くしゃみと咳をしながら
穴という穴から汁を出して
死ねばいいと思います。

合掌

というわけで今回は、
寒い冬の味方、シートヒーターを
自力で車につけたというお話。

シートヒーター ~配線編~

随分と前の記事となりましたが、
僕の車にはシートヒーターがついています。

その理由は暖房がそれほど
期待できないからということですが、
詳しくは前編を参照してください。

どうもシンジです|ω・`)ノ ヤァ いつもご覧いただきありがとうございます。 世間では内閣改造たら消費税アップたら 軽減税率たら国...

というわけでユニットの取付はすでに完了し、
それをカモフラージュする
シートカバーも付いています。

お次は配線していきます。

1、スイッチの加工

まずはシートヒーターのスイッチを付けないとね。

ただあまりにも突拍子もない所だと
後付感が満載になってしまい
ごちゃごちゃして見えるでしょう。

それでは僕のマイナスの美学に
支障が出てきてしまいます。

ですのであくまで自然な位置に
自然な形で付けていきます。

というわけでセンターパネルの
ガーニッシュを外して家に持ち込み。

まぁすでにこれ自体が社外品です。

そんなことはいいとして、
右側にあるいかにもスイッチっぽいところ。

そこにスイッチをはめようと
思っていましたがなんと、
スイッチのパネルが大きく
ガーニッシュにはまらないのです。

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

とまぁそんなことは想定内。

ガーニッシュの受け側を
ゴリゴリと破壊しながら
スイッチを埋め込んでいきます。

コツも何もありません。

チカラが全てなのだよ。

そしてできあがったのがこれです。

ジャン。

ちなみに裏は

後処理雑!

まぁ見えないところなので
気にしません。

こんなところに性格が出ます。

さぁ次々!

2、配線準備

さて見た目が完成したなら
次は車内配線です。

まずは主電源をどこから取るのか
考えましょう。

主電源はスイッチとは
別電源となっています。

なにせシートヒーターです。

ただの電熱線です。

消費電力大きいですから、
それなりの場所から
持ってこないと安心できません。

そこで、プリウスは助手席下にある
ヒューズボックスから電源を引っ張る。

見、見にくい。

とりあえずアクセサリー電源
15Aから引っ張りました。

それをダッシュパネルに這わせて、

先程のガーニッシュ辺りまで引っ張ってきます。

やべぇごちゃごちゃです。

さて後はここから分岐させて
それぞれのシートへ電源を供給するわけですが、
配線むき出しはかっこ悪い。

というわけでどこかに
この配線群を隠す必要があります。

まぁプリウスの場合は簡単です。

この肘掛けの裏辺りに隠しましょう。

ということはこれも外す必要があります。

配線していく上で面倒なものは
予め外してあったほうが良いので、
まずはばらしていきましょう。

先程の画像にあるネジを外して、
ヒジ下掛けの左右にもねじが
あったのでそれも外します。

ぽろーーん

車って意外と単純なのよ(´∀`*)ウフフ

う、、、

錆びてる。

まぁここまでやったら
後は簡単ですね。

3、取り付け

それじゃ配線していきますね。

といっても左右のシート各2枚ずつの
ヒーターパネルにつなげるだけです。

簡単ね。

そして余った配線は

この裏辺りに隠していきます。

まぁでもそんなに多くなかったよ。

そして先程のガーニッシュにつなげます。

こんな感じになるよね。

で、最初の画像にあった、

この状態になります。

そう、今回のシートヒーター。
スイッチ電源はガーニッシュと
セットになっている電源ソケットの
裏から配線しています。

ちなみにスイッチのバックライトは
ヘッドライトに合わせて
光る仕組みだったけど、
専用の電源を取り直すのが面倒なのと、
視認性の向上を考えて、
スイッチ電源と一緒にしました。

まぁその方がわかりやすいしね。

さぁ、
主電源取りました。

スイッチ電源もOKです。

ヒーターパネルもつなげました。

ライトも付きます。

ではテストしましょう。

ダイヤル回して。。。。

暫く待つと。。。。。

温かい!!

okです。

次行きましょう。

4、もとに戻す

さて配線からテストまですべて完了です。

後はもとに戻すだけですが、
やってきたことを逆にするだけなので
特に難しいことはないので
がんばって組み立てましょう。

修復が苦手な方は
ケータイ等で写真を取りながら
すすめると便利かもしれませんね。

今更ですが(´∀`*)ウフフ

というわけで完成です。

バアアアン!

だれがこれを見て
後付のシートヒーター、
はたまたシートカバーだと思うだろうか?

いや、シートカバーは
しわがあるからバレるな。

しかしこれで非常に快適な
冬が過ごせています。

プリウスは暖房効くまでが
極端に遅いからね。

とてもいいです。

最近の燃費の良い車で
暖房が効かなくて悩んでるあなた。

田中自動車に任せてみませんか?

*現在は取り扱っておりません

てゆーか人の車をここまでやるほど
度胸はねぇっす。

車のことで相談があったら
いつでも乗りますよ。

ではまた

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシンジをフォローしよう!

スポンサーリンク
まゆぞう1




まゆぞう1




スポンサーリンク
まゆぞう1