転んだ先の湿潤療法 擦り傷にはキズバンよりラップ!

どうも、シンジです|ω・`)ノ ヤァ

いつもご覧いただきありがとうございます

最近はこのルーティンも多少慣れが出てきて

ブログの更新もしやすくはなってきましたが

たまに夜更かしなどすると、翌日にかなり響きます

(;´∀`)…頭痛いなぁ…

常にコンディションは気をつけていきたいものです

さて、今日は最近覚えた

新しい怪我の治療法について書いていきます

普通転んだりして怪我をしたときは

とりあえず消毒してバンソーコーを貼って、

血が止まったら剥がして、

そのまま治るまで放置

ていうのが定説だったと思います

というか僕はそうでした

乾かしたほうが早く治るような気がします

しかし、最近怪我をしたときに、

”湿潤療法”と言うものを知り、試してみました

その体験談です

湿潤療法 モイストヒーリング

その名の通り、乾かしたりするのではなく

湿らせたままで直していくということです。

ちなみに僕が普通にやっていたのは

ドライヒーリングと言うらしいです。

湿潤療法=モイストヒーリング

守るべきは3つ

乾かさない

消毒しない

水道水で洗う

この3つがこの要になるそうです

僕の場合はすでに一度消毒してたので消毒しないは

当てはまらなかったですがそれ以外はこんな感じです

キズをきれいに洗う

異物は残らないようにしましょう

見た目が痛々しいです

ラップで包んでテーピングで止める

しばらく放置してると指がしわしわになります

風呂に入りすぎてふやけたあの状態と同じ

ゾンビみたいでキモいです

あと、気をつけないときつく止めすぎて

血流が悪くなるので気をつけましょう

定期的に交換する

半日に一回交換してました

頻繁に変えたほうがよいか

どうかはわからないが

汗もかきますし、

何と言っても臭います

精神衛生上変えたほうが良いでしょう

そうした流れで治療した結果

かさぶたなどもはらず、キレイに皮膚が再生していました

傷の治りに関しては心なしか、

ちょっと早い気がします

今回の実験は今までの概念を変える

非常に面白い結果となりました

やはりイメージとしては

ドライヒーリングのほうが

衛生上よく、早く治るイメージでしたが

かさぶたができないので、

剥がれたりする心配もなく

早く、きれいに治るので、

非常にメリットの大きい治療法でした

デメリット

デメリットとしてあげられるのは

見た目

匂い

この2つでしょうか?

やはり一般常識として、

指にラップを巻いてるのは

ちょっとに見えます

その対策が、

100均等で使い捨ての手袋を買って

出かける際は、

それをはめるのもいいかもしれません

そして、ラップを変える際に感じる臭いが

なんとも言えませんΣ(゚ё゚ノ)ノ クサッ!!

こればかりは洗うときに

気をつけるぐらいしかないでしょう

結論としては

乾かして治すより、

湿らせたほうが治るのが早くて、きれい

以上!

今回は新しい発見でしたのでシェアしていきます

ただ、”動物に噛まれた”とか”屋外で深い傷をおった”

化膿の心配などがある場合は、

勝手に判断せず病院へ行きましょう

擦り傷など、軽いキズの場合に有効と考えて下さい

ありがとうございました

ではまた!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシンジをフォローしよう!

スポンサーリンク
まゆぞう1




まゆぞう1




スポンサーリンク
まゆぞう1




コメントの入力は終了しました。