ギターのパワーアンプを小型化してボードに詰め込んでやった

どうもシンジです|ω・`)ノ ヤァ

いつもご覧頂きありがとうございます。

常にマイペースな僕ですが、
最近はマイペース過ぎて仕事の納品が遅くなり
やばい事態に陥っておりました。

ライブもまた近々させていただくので
それの準備もあり微妙に必死でした。

夏休みの宿題は学校が始まってから
終わらせるタイプの人間なのです。

( ´゚д゚`)アチャー

というわけで今回は
ギターのパワーアンプネタ第2段。

名付けて

壊れたパワーアンプを修理したついでに
小型化&改良してボードの中に詰め込んで
安定した音を求めてやる作戦。

ではまいーる。

パワーアンプを再開発

ちなみに以前までのパワーアンプはこうでした。

続・ギターのためにパワーアンプを自作してみた

マーシャルのおもちゃアンプを抜け殻にして
そこに回路やらなんやらを突っ込んでいた。

しかし先日のライブのリハの最中に
突然ノイズが大きくなり始め
そのまま直らなくなった。

ギターはノイズも音のうちだと
言う人もいると思います。

しかし必要ないものは必要ないのです。

まぁどこかが壊れたのでしょうが、
回路のことなどさっぱりな僕なので
しょうがないのでアンプボードを再びポチる。

なんか名前も値段も変わってるけど
中華製だからそのへんはご愛嬌。

慎二様はボリュームノブをつけさせたい

橋本環奈かわいいです。

そんなことではなく、
以前のパワーアンプは回路上に
ちっちゃいボリュームが付いており、
音量調整はエフェクターでのみだった。

アンプ側で調整するにはバラす必要もあるし、
工具も必要。

気軽に音量を変えることは不可能であった。

そこで今回はボリュームポッドをつけます。

そして到着して早速だけど
このボリュームを外してしまいます。

これが

こうなるのです。

ボードは熱に弱いですから、
外すときには最新の注意が必要ですよ。

そしてここに可変抵抗をつけるわけですが、
ここは同じ容量の10kΩのポッドをつけます。

はい、画像忘れました( ´゚д゚`)アチャー

まぁただのはんだ付けです。

さきほどの場所にはんだ付けしてください。

そしてあとは以前と同じように
パーツを組み込んでいくだけですが、
やはりそれでは面白くないので
ジャックなどは新調しました。

配線はホームセンターに売ってた
0.5sqのケーブルを使いました。

あとはボードの指定通り、

・電源

・インプット

・アウトプット

と、これらを配線のとおりに接続していくと
基盤の完成です。

正直厄介なのは
ボリュームを外すときだけですね。

ここまでで、ちゃんと音が出るか
テストしておきましょう。

組み上がってから問題が起きては面倒です。

もちろん問題ありませんでした。

あとはこのようにケースに収めて完成です。

ケースの中もギッチギチです。

ちなみに鉄製の箱の場合、
アウトプットは絶縁しておかないと
音がなりません。

なぜかはわかりません。

出ないものは出ないのです。

ちなみに電源は以前から使っている
ノートパソコン用の19Vのやつを使っています。

ボードに埋め込む

あとはボードに埋め込むわけですが、
ここで一つ問題が。

シールドじゃあキャビに繋げないじゃん。

シールドとスピーカーケーブルは
流れる電流がぜんぜん違うので
そのまま使うことはできません。

というわけでここまできたら
スピーカーケーブルも用意しましょう!

問題は長さですが、
大体の場合ライブハウスの中で
キャビネットから5mのシールドがあれば
事足りる事が多いです。

なので5mのスピーカーケーブルを用意します。

ということでこいつだ。

ベルデンの5mのケーブルを用意しました。

あとはこれをシールドを作るような要領で
はんだ付けしていきます。

はい。これがはんだ付けしたものです。

3分クッキング並みの手際の良さ!

このケーブルで難しいのは
フォン端子を調達すること。

探しても探しても見つからない。

しょうがないのでうちにあった1mの
スピーカーケーブルから剥ぎ取りましたよ。

これですべての準備が整いました。

現在のサウンドシステムがコレだ

その結果がコレです。

m9( ゚Д゚) ドーン!

苦労して完成させたわけボードな訳ですが
このボードのメリットは大きいです。

1,ギターから出音の直前のパワーアンプまで
統一されているから出音への影響が少ない。

2,マーシャルキャビネットはほぼどこでもある。

JCしかなくてもエフェクターは安定のBOSSです。

作り込んでしまえばほぼ出音が安定している
寸分のスキもない完璧なシステムですよ。

昔ながらの大きなアンプを持ち歩いて
エフェクターボードにたくさん詰め込んで、
さらに予備のギターまで担いで歩くような、
こだわりの音のようなのも良いです。

しかしこいつならマルチで音は完成。
パワーアンプも付いてるから
アンプの影響は最小限。

僕のようなアマチュアバンドマンにとっては
音のこだわりなどよりもフットワークが重要。

というわけでここまでデジタルを決め込んだ
ギター弾きもなかなかいないと思いますが、
もし気になる人がいたら参考にしてください。

ちなみにこのアンプは19Vだと、
4Ωでは最大90W
8Ωでは最大60W
となるはずです。

キャビネットにつなぐ際は気をつけてくださいね。

ご用命があれば作るかもしれません。

ではまた!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシンジをフォローしよう!

スポンサーリンク
まゆぞう1




まゆぞう1




スポンサーリンク
まゆぞう1