耳コピの方法をギター初心者にわかるように話してみた!

どうも、シンジです|ω・`)ノ ヤァ

いつもご覧いただきありがとうございます

蒸し暑い日が続いたかと思えばここ2、3日大雨です。

河川の氾濫などで電車が止まったりと

なかなか大事になってます。

最近youtubeで弾いてみた動画を上げてます

僕の場合はB’zメインでやってますが、

スコアがないことが多々あります

特に最新の曲なんてなおさら、

そこで最近は僕がやってる

耳コピ術について載せていこうと思います

今回はまず、耳コピの環境づくりについて話していこうと思います。

耳コピの環境づくり

耳コピの準備は非常に大事です。

特に僕が重要だと思うのは

1,パソコンとギターを繋げる

2,そしてDAWソフトに目的の音楽を入れて

同時に音が出るような状態にする。

3,そしてヘッドフォン。

今はこの3つが重要かなと思ってます

パソコンとギターを接続!

オーディオインターフェイスを使ってパソコンに

接続し、音の遅延がおこらないような状態にします

僕の場合はローランドの

QUAD-CAPTUREをつかって接続していますが、

最近のエフェクターには

直接接続できるものもあると思います

どっちでもいいです。

DAWソフトの起動

よく曲を打ち込んだり、作曲する人たちが使うソフトですね。

そこのトラックの一つに曲を入れてしまい、

繰り返し再生や、場合によっては速度を落としたりしながら

何度も聞きながら、何度も弾きながらやります。

僕はCUBASEを使ってます。

まぁ正直コレも使い慣れたやつを使って

もらえればいいんじゃないでしょうか?

ヘッドフォンを用意する!

これ、実はかなり重要です。

スピーカーだとどうしても音に癖が出てしまったり、

音が拡散して聞き取りにくかったりとするものなので

必ず使いましょう

個人的な感想ですが、

イヤフォンは耳が悪くなったり、

痛くなるのでやめたほうがいいと思います

この3つをまず環境として整えてあげると非常に

聞き取りやすく、音を再現しやすい状態になります。

まず、環境を整えるのは非常に大事です

そして耳コピしたい曲を何度も何度も聞いて

口ずさめるぐらいにきき込むことが非常に大事です

聞き取りの順番については次回の記事で

やっていきます

是非お待ち下さい

続編その2

耳コピの方法を初心者でもわかるように話してみた第二弾!

ではまた!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシンジをフォローしよう!

スポンサーリンク
まゆぞう1




まゆぞう1




スポンサーリンク
まゆぞう1




コメントの入力は終了しました。