ギターを止めるな!

どうもシンジです|ω・`)ノ ヤァ

いつもご覧いただきありがとうございます

なんか改行が変になってたので修正しました

先日上げた記事によってちょっと悩ましい事態になっていたので

多少修正しました(;´∀`)

ただきっともう関係修復は不可能でしょう笑

最近黒夢のコピーバンドでベースばかり練習していたおかげで

ギターに触れる機会が減ってました

最近久しぶりに時間ができるようになったので

昼間っからギターを多少触ってみたけど

、、、ダメです!

いつもできていたことができなくなっている

ギターは毎日一緒に寝るくらいしないと

下手になるということを思い出した

失った時間は戻りません

そんなわけでしょぼくなった腕を取り返すために

地獄のメカニカルトレーニングの本を眺めながら

今日はギターの歪について構想してみた

どうやって歪ませてる?

エレキギターの魅力といえばやはり歪んだ音ではないでしょうか

ぶっちゃけ聞くだけだと全部おんなじ音に聞こえてしまう音も

こだわり始めると全然違って聞こえてきます

ちなみに大きく分けると歪はこの2つに集約されます

アンプの歪

エフェクターの歪

ギターアンプのプリ部で過入力から起こる歪

エフェクターのダイオードなどで作り出す歪

とまぁこの2つに集約されるとは言ったものの

それでも無限の組み合わせがあります

アンプをメインで歪ませてるけど

その前にオーバードライブなどを挟んで

歪をさらに細かく刻む方法や、

オーバードライブの代わりにブースター系のエフェクターで

ゲインを稼いで過入力を促進する方法や、

リッチに両方足しちゃう方法

人それぞれで色んな方法があります

歪みをエフェクターで作る場合も同じくです

さてどんな風に使い分けたら良いんでしょうか

一例を上げていきます

セッティング例としては

男のアン直!

まさしくロマンですね

音の劣化もなく腕一つで魅せるスタイルは

まさしくロックンロールです

しかしまぁ現代音楽はそうばかりとはいきません

一つの曲の中にさまざまな音が登場します

そこで

アンプ側をクランチに設定しておいて

そこにオーバードライブを挟んでみましょう

すると普段はクランチサウンドですが

ODオンでディストーションサウンド、

さらにはギターボリュームを下げればクリーンもいける

なんでもありなオールマイティセッティング

もしここで歪の性格を大きく変えたくないならクリーンブースターで

ゲインアップだけしちゃうのもありです

いろんなことに対応できるサウンドシステムができましたね

次はメタルのようなザクザクしたブリッジミュートのリフをしたい

ならばマーシャルのような歪アンプにオーバードライブを挟んで

適度なザクザク感を出すと気持ちが良いリフができます

ただこれやっちゃうと過入力過ぎてハウリングを起こしたり

アンサンブルに埋もれてしまう抜けにくい音になりがちです

注意しましょう

さぁなんとなく理想の音が見えそうですか?

僕はこの記事を書いて頭を整理しているので

まだ見えてきていません

ギターはリフで魅せるバッキングも良いですが

やはりソロ用の音が欲しくなってきます

ソロは歌の代わりにメロディを奏でるギタリスト一番の魅せ所です

そんなときにバッキングと変わらぬ音でやってると

ん、目立ちませんね

そこで好みはあると思いますが

思い切って音量をあげちゃいましょう

そんなときに頼りになるのがクリーンブースターです

メインの歪のあとにブースターをつないで

ちょっとゲインアップしてあげると

なんと手軽に音量が上がっちゃいます

アンプで歪ませてる人はセンドリターンに突っ込んじゃおうか

これで手軽に音量が稼げます

まぁコンパクトエフェクター主体で考えた場合、

歪だけを考えるとこんな感じのセッティングになると思う

ただ足元にはODやブースターだけではなく

コンプやコーラス、ボリュームペダルもあるしテンヤワンヤです

しかも曲によってオーバードライブサウンドや

メタルサウンド、クリーンなサウンドと

次々と切り替えが必要な場合もあります

スイッチャーで管理するのも良いですが

パッチケーブルであやとりができてしまいます

ただこれを一瞬で解決する方法があります

それがマルチエフェクターです

めんどくさいならマルチ一択

マルチエフェクターならこれらを一踏みで

切り替えてしまうという”荒業”が可能です

まさに一踏み惚れです

*ノートe-powerが発売されたときに

日産がしきりにはやらせようとしたキャッチ

さらに各社の高額なプリアンプもマルチエフェクターの中には

いっぱいモデレートされて入っているので

高額なアンプもいりません

なので僕はマルチエフェクターを使います

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BOSS GT-1000 エフェクターケース付き Guitar Effects Processor マルチエフェクター
価格:105800円(税込、送料無料) (2019/2/10時点)

楽天で購入

 

*こいつです

しかし前述の通りでエフェクターの基本が

ある程度掴めていないとトンチンカンな音になりがちです

*それが求めている音ならありって場合もありますが

今でも音に関しては悩んでいます

マルチエフェクターはもはや高性能マシンなので

ヘッドホンを使った自宅練習から宅録、

スタジオ練習からライブまで何でもできてしまいます

あるととても便利ですが、マルチだからこそ起こる

一つの残念なポイントがあります

コンパクト派はアンプが必須なので悩む理由もないと思います

悩む理由は唯一つ

スタジオ入って音作ろう

結局いちばん重要な話、ここです

ギターの音なんてヘッドホンで聞いてても

モニタースピーカーで聞いてても

音作りのチャレンジはできませぬ

例えば先程のアンプを歪ませてエフェクターでも歪ませると

いう話で、過入力過ぎてハウリングするといいましたが

実際にアンプにつないで音出したら

その時点でハウリングするので気づきます

ただマルチエフェクターでヘッドホンで聞いてても

ほぼハウリングしません

ギターは大きなサウンドで初めて音がわかるので

ギターの音作りで悩んでる方へ

ギターサウンドは部屋で作るんじゃない!

スタジオで作るんだ!

いつもギターの音がかっこいいメンバーがいるんですが

良くスタジオで個人練習をしていて

自分の部屋にしているインスタを見たけど

やっぱりそういうことなんだなと気づいた

ただ、ギター4本は持ち込みすぎですよ先生笑

腰痛めないでね!

というわけでもう一度

ギターサウンドは部屋で作るんじゃない!

スタジオで作るんだ!

ではまた!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシンジをフォローしよう!

スポンサーリンク
まゆぞう1




まゆぞう1




スポンサーリンク
まゆぞう1