最近読んだ漫画”凪のお暇” 感想と合わせて自分を振り返ってみた

どうもシンジです|ω・`)ノ ヤァ

いつもご覧いただきありがとうございます

”タブレット”ってすごく便利ですよ

友達と待ち合わせとか、電車待ちとか

どうしても時間が合わないときとか

う○こが長くて暇な時とか!

手軽に読書が可能!!

playbooksとかならアカウントさえ

同期させてたら別の端末でも読めるし!

でもplaybooksって新しい本の

お知らせとかってあまりないですよね

あたらしいコミックの情報とかを

得るのってどうしてます?

僕の場合は広告で知ることが多いです

そう、

いつもグーグル先生に質問してると

広告ってでてきますよね?

もちろんこのブログにも出てきますし

そこによくコミックの広告も出てます

しかしなぜだろう、

僕には変な内容のばかりでます(;・∀・)

そんな時

たまたま目に入ったのが

タイトルにもある

凪のお暇

という漫画でした

凪のお暇

どんな内容?

まずは無料サンプル的なやつで

ちょっと読んだんだけど

主人公”凪”は日々、断れない性格と

嫌われたくないという性格で

空気ばかり読んで過ごしていて、

どんどんめんどくさい仕事や

立場に追いやられていっていた

そんな日常や仕事に耐える最後の切り札である

彼氏にも邪険に扱われていると知ったとき

突然過呼吸になり、

空気は読むものじゃなくて

吸って吐くものだ

と悟り、

そのまま仕事をやめて

家も恋人もすべて捨てて

人生をリセットするという話だ

なぜかその画風というか絵に惹かれたのと

きっと

ちょうど仕事をやめたいと

思っていたタイミングが重なって

妙に心惹かれて

ダウンロードしたんですよね

こりだ

やりたい人生を選ぶ!

そう、突然だけど

少し僕の人生を振り返ってみると

僕も多少は会社勤めや婚姻関係など、

めんどくさい問題を経験しており

田舎の人や、社会人の考え方、生き方が

嫌になってきた経緯がある

僕は二十歳で学生のときに

運が悪くできちゃった婚をした

相手は一つ年上の女性だった

なぜかわからないが学生だというのに

相手の親はなんのお咎めもなく

結婚という話をまとめてしまった

大事な娘を嫁にやるというのに、、、だ

今思えばその時点でやばい人たちだと

気づくべきだった、、、

それを期に、

高校まで我慢で抑えられっぱなしで、

やっと今から楽しみが増えると思っていた

大学時代も半分も経たずに終わり

楽しみだったバンドも学校卒業とともにおわり、

一般的な生活のために就職をした

そして就職先では

車の販売店勤務なのに

乗りたい車にのることもできず

給料は悪くないが、営業という立場は

なぜか社内からは下っ端扱い

周りを見渡せば年長の営業マンは

幹部からも若手からも邪魔者扱いされ、

媚を売って昇格した人は

それがもう社内でバレバレだから

誰も尊敬もしていない

今日の日産不正問題を見てると

結局末端に当たるの販売店の

営業の扱いなんてそんなもんなのかな?

と妙に納得するところもあります

そして

うちに帰れば玄関ではゴミ袋がお出迎えし

新築だったはずなのに汚部屋と化した自宅、

さらにはマズメシorレトルト料理の

お出迎え(ないよりマシか?)

仕事はしたくないと勝手に専業主婦宣言した

嫁は子供と一緒に寝室で爆睡

気がつけば自宅ではなく実家へ帰るようになり

やる気のあった仕事も上記の事情や

給料体系の変更で下がり始めたやる気により

どんどん攻めの姿勢から守りの姿勢に転向

守りの姿勢は楽だけど、現状は悪くなる一方

現状を守るということは、

自分は変わらないということ

でも、社会は常に進化を続けているので

相対的に自分は悪くなっていくものです

なかなか気がつきませんけどね

結局何事にもやる気が無くなり

努力する気もおこらず

とりあえず日々過ごせりゃいいや、

ぐらいの気持ちでした

もちろん全ては自己責任です

今ある自分の姿は、

過去の自分の選択・決断によって決まっています

やがて嫁とは別の道へ

ついには会社ともお別れしました

しかし

そんな腐りきった自分を戻してくれる

素晴らしい相方と出会い

仕事をやめた今、

人生やり直しのチャンスも手に入れました

宛ははないが希望はある

そんな感じです

今までの自分が嫌になり

そんな自分を変えたくてすべてを捨てて

新しい環境に身を置く主人公の凪と

自分を重ねたかったのかもしれません

読みやすさ

僕が読んだ感じは

漫画のコマ回しとしてはテンポもよく、

間を持たせるためのコマ割りっていうものも

殆ど無いのでスムーズに読みやすいです

そして登場人物のイライラするシーンも

最初は主人公がニコニコと受け入れているので

イライラしそうですが

主人公の”しょうがないよねー”

みたいなテンションで拍子抜けしていきます

仕事を辞めてからは、はっきり自己主張をし、

ムカムカを解消させてくれる展開になっていき

読んでてもスッキリして気持ちいいです

あとなんでしょう?

あの不思議な絵

妙に惹かれるものがあります

実は11月16日に2巻が発売してました

僕はすでに読んでしまってます

2巻になると元カレ(?)と主人公の

想いのすれ違いなどをいい視線で描いています

うまいこと交わらないようにできてるなぁ

と感心させられます

今あるリソースで最大限の幸せを

これもこの漫画のテーマかもしれませんね

次回が楽しみです

ではまた!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシンジをフォローしよう!

スポンサーリンク
まゆぞう1




まゆぞう1




スポンサーリンク
まゆぞう1