悩める車選び 新車か中古車か、、、それが問題だ。その弐

どうも慎二です|ω・`)ノ ヤァ

いつもご覧いただきありがとうございます。

コロナウイルス。

猛威を奮っております。

テレビでは最悪世界の人口の70%が
感染するのではないかという
データが発表されるなど
その驚異の感染力が伝えられています。

コロナウィルスの怖いところは
未だに特効薬がないところや
二度も感染することもある
という傾向ですよ。

ということはウィルスが
変化を続けている可能性や
ノロウィルスのような
食中毒的なウィルスの可能性まで
たくさん考えられます。

とはいえ今我々ができるのは
自己防衛ぐらい。

とりあえずダイヤモンド・プリンセス号の
船内感染の傾向から接触による感染が
かなり強力なようですね。

ドアノブやスイッチなど
至るところに可能性はありますし、
しまいにはみんな大好き

現金

を媒介にしているとまで
言われています。

みんな!

そんな危険なものは
俺が処分してやる!

だから俺んとこにもってこい!

もちろん現金のことですよ。

まぁ冗談はさておき。

手洗いは非常に重要で
今現在一番有効な手段と言われています。

不特定多数が触る部分には除菌や
触った後は手を洗うなど、
そういった対策だけでも
かなり有効でしょう。

ただここで今ボクが
声を大にして言いたいのは、

マスクの転売ヤーはク○。

これこそ国家の危機という時に
自己の利益に走るクズどもです。

ある意味テロ行為です。

地下鉄サリン事件みたいなものですよ。

とっとと逮捕して
コロナウィルスの実験に
使ってあげてましょう。

直接の原因ではないとはいえ、
マスクを世の中に
行き渡りにくくしてるのは事実です。

ええ、それで十分に利益を
得たでしょうからね。

それで感染してる人や
亡くなっている人もいます。

マスク転売ヤーは人殺しです。

そんなやつに人権はありません。

とっとと国家転覆を企むテロリストとして
逮捕してコロナウィルスのワクチンの
実験台にしてしまいましょう。

あと花粉症の特効薬の実験台にもね☆

さて本題へ。

悩める車選び 中古車編

先日悩める車選び記事を乗せました。

どうも慎二です|ω・`)ノ ヤァ いつもご覧いただきましてありがとうございます。 みんな大好き100円寿司! いやぁ、くら寿司...

今回は中古車のメリット・デメリットを
お話して、どっちが良いのか、
結論を出そうじゃありませんか!

中古車のメリット・デメリット

車両価格が安い

なんと言っても中古車のメリットは
これじゃないでしょうか。

中古なのに新車より高いのは
シルビアやスカイラインGT-R
ぐらいでしょう。

どんな車もナンバーが付いた瞬間に
ガクッと値段が落ちます。

それも下取りであれば
半値と言われるほどです。

それを流通させるわけですから
当然中古車は安いです。

5年落ちとかであれば
大体の車は新車時の半額ぐらいには
落ちていることがザラです。

プリウスやハリアーなどのように
ある一定以上の需要がある車は
それでも高値で取引されていますよね。

こういった例外を除けば
とても安く購入することができます。

正規ディーラーなら保障が厚い

保証は新車購入の大きなメリット
というお話をしましたが、
実は中古車にも保証はある場合が多いです。

実は登録から5年以内の車というのは
大体エンジンやミッションなど、
車の根幹部分に関する保証は
残っている場合が多いです。

もちろん保証継承されていれば
の話ですが。

悲しいお話といえば、
車がおかしいといって
お客さんが車を持ってこられて、

ああこれなら保証で
直せそうだなと思ったら

実は中古車で購入したもので、
さらに保証継承がなされてない場合。

保証継承されていないので
もちろん保証で修理はできません。

こういった場合、購入したところに
なんとかしてもらうか
泣き寝入りしかありません。

登録から5年以内の中古車を
購入する場合は必ず
確認しておきましょう。

新車保証意外にも保証はあって
中古車を購入すると
ディーラーによっては
大体3ヶ月ぐらいの保証が
ついている場合が多いです。

ただそれだけではなく中古車特有の
延長保証というものもあります。

ある一定の金額を払うことで
保証を1年や2年延長させる
サービスというもので、
不確定要素の大きな中古車には
非常にありがたいサービスとなっています。

これも車体購入価格や
車種によって金額が決められており、
物によってはすごく高いです。

まぁ入るも入らないも自由です。

僕は不要なトラブルは避けたいので
中古車を売ったお客さんにはもれなく
入ってもらっていました。

だってその方が気持ちよく
付き合っていけるじゃん!

どうでもいい人だったら
断られた時点でわかりましたと言って

外します。

信頼関係ですよね。

豊富な車種

意外に見落としがちなのが
この選び放題の車の豊富さです。

新車って実は
現在発売されている車種以外は
絶対に購入することができません。

ん?当たり前か。

たとえばプリウス。

現行型プリウスになって
すごくデザインが批判されていました。

僕もあまり好きな
デザインではありません。

そしていざ車を買おうと思って
新車ディーラーへ行って、
現行モデルのデザインが
気に入らないからと言って
先代の30プリウスは購入できません。

絶対です。

モデルチェンジ前後の
ギリギリのタイミングで
たまたま在庫があったとかならば
購入できる可能性はあります。

しかし通常はほぼほぼ不可能です。

しかし中古車市場には
いっぱい昔の車が出回っています。

それこそ僕の大好きなミラジーノも
今でも現役で取引されています。

もちろんモデルというのも重要ですが、
実はボディカラーなども
一時限定で販売されたものがあるなど
今では選べないものもあったりします。

そう、これだけ豊富な車種から
自分にあった一台を選ぶことができるのも
中古車の大きなメリットです。

中古車のデメリット

故障の不安

やはりいちばん不安なのは故障です。

前の人がどんな使い方を
していたのかわかりませんし
マニュアルミッションなんかは
特に癖が出ますからね。

まぁこういったドライバーの
癖から起因する故障というのは
今では滅多なことはありません。

とはいえ消耗しているのも事実です。

ブレーキパッドやタイヤ、
バッテリーやヘッドライトなど
多くの消耗が出ています。

ハイブリッドカーや電気自動車は
バッテリーの劣化という問題もあります。

それに人によっては
メンテナンスに疎い上に
車に金をかけたくないといって
オイル交やフルードの交換を怠ったって
エンジンなど駆動系が最悪な状態。

さらにシートのヘタリなどもあったりと
とても新車と同じようには乗れません。

車を見抜く力

故障の不安ももちろんですが、
この車が本当に事故してないか?

状態がいい車なのか
見抜く目というのも重要です。

いろいろコツはありますが、
簡単なのは一つ。

整備手帳を見て
しっかり整備されているか。

それがいちばん重要な
見分けポイントとなってくるでしょう。

今どき普通のディーラーなら
事故車はほとんどチェックされており
お客さんに説明しています。

それでも疑ってかかるのも
必要かもしれませんが、
事故をしてても整備を
しっかりされてた車ってのは
案外いい働きをしてくれるものです。

補償が複雑

保証が複雑っていうのも
中古車あるあるです。

新車であれば壊れたら
ディーラーへ持っていけば
すべて保証でしょう。

もちろん消耗品は除きます。

しかし中古車の場合、
ここは保証だけどここは保証ではない
などといった取り決めが細かいです。

例えばカーエアコン。

突然効かなくなったと言っても
直してくれるかどうかはわかりません。

エアコンといえばすでにエンジンの一部のような
イメージですが、あくまで電装系です。

保証書の内容次第です。

試乗車だからといって安心できない

未使用者と並んで人気の高い試乗車。

試乗車は新車と変わらないとお思いのあなた。

試乗車ってかなり遊んでますからね。

色んな人がエンジン全開にしたり
ごちゃごちゃとスイッチ類を触ってたり。

さらには車検や板金などの
代車にも出すもんだから
誰がどんな扱いしてるかなんて
さっぱりわかりません。

ある意味1オーナーの車より
タチが悪いかもしれません。

まぁ走行距離が極端に多い
試乗車落ちは気をつけたほうが良いです。

それにしてもまさか
こんなにかくことがあったなんて。

。。。

次回!
どっちが良いのか決着をつけようじゃないか!

結局3部作になってしまいます。

ではまた!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシンジをフォローしよう!

スポンサーリンク
まゆぞう1




まゆぞう1




スポンサーリンク
まゆぞう1