デグーにとってちょうど良いケージってなに?おすすめのケージをご紹介

まゆぞう
まゆぞう
デグーは運動量が多いから大きなケージが良いっていうのはよく聞くんだけど、でかいケージって言っても金網で出来てるケージやアクリル板のケージとかいろいろあるよね。どんなケージがデグーにとって丁度いいんだろう?

 

デグーといえばあのずんぐりした体型とひょうきんな顔が特徴的な生き物です。ぼくもすでに10年以上の付き合いがありますが、今でもあの顔を見ていると癒やされます。

そんなデグーですが、あの見た目とは裏腹に運動量が多く、飛び回って移動するため広さと高さがあるケージが必要なのです。

とはいえ調べてみると飼い主さんそれぞれの飼い方で、どれが飼いやすくどれが快適なのか判断しにくいです。

そこで、デグーにとっておすすめのケージや実際の飼い主さんはどんな風に飼育しているかを、ここではご紹介していきます。

 

というわけで今回のテーマはこちら!

・デグーにとって良いケージの条件とは

・デグーのケージはこんな風に使われています

・デグーの飼い主さんはこんなケージを使っています

・飼い主の負担とデグーの快適さのバランスを取りましょう。

 

デグーにとって良いケージの条件とは

デグーを飼育するのに必ず必要なのがデグーのおうちであるケージ。

ケージと一言にいっても、非常に沢山の種類があります。金網でできたものからアクリルでできたもの、ガラスで作られたものまで本当にたくさんあります。

 

デグーにとって一体どんな環境が住みやすいのでしょうか。

 

ある程度広さのあるケージ

デグーはもともと岩場のようなところを飛び回りながら、広大な地面を移動して生活しています。そんなデグーですから、あまりにも狭いケージでは、運動不足になってしまうのです。

定期的に部屋の中を散歩させてあげるのも有効な手段ですが、しっかり広さのあるケージにして普段から運動できるような環境にしてあげましょう。

 

上下運動できる高さのあるケージ

デグーは見た感じズングリしていますから、一回り大きなハムスターのようなイメージがある人もいると思います。

しかしその俊敏性はハムスターのそれとは比べ物にならない動きです。

 

自分の身長よりも高い場所へジャンプで飛び乗りますし、ステージからステージへポンポンと飛び乗って動き回ります。

 

ハムスターというよりもシマリスのような動きを想像しておくと、デグーにとってどんな要素がケージにとって重要なことかがおわかりいただけるでしょう。

 

網目の細かいケージ

デグーは大きな体をしているのでうさぎ用のケージでも育てることができそうですが、あまりにも網目が荒いと、脱出されてしまいます。

 

動物全般に言えることですが、彼らは頭さえ通ってしまえばかんたんに脱出できてしまいます。更に力も非常に強いですから、こんなの絶対無理だろうっていう部分も抜けていくこともあります。

脱出されるだけであればまだなんとかなりますが、万が一頭だけが引っかかった状態になってしまうと目も当てられません。

 

網目に関しては最新の注意を払ってください。

 

出入り口を施錠できるケージ

デグーは非常に力が強く、さらに頭も良い生き物です。脱出の方法を覚えるだけでなく、安易な方法で施錠しているとデグーに見破られてしまいます。

 

バネの強いカラビナを使うなど、必ず絶対に脱出できないという出入り口を作りましょう。

 

デグーにとっておすすめのケージ

デグーがケージに求める条件についてお話していきました。

そんなデグーの飼育によく使われているのが金網タイプのものや、ガラスなどで覆われている水槽タイプのものです。

 

ではおすすめのケージは一体どんなものなのでしょうか。金網タイプと水槽タイプ別でご紹介していきます。

 

金網型のケージ

金網型のケージはデグーだけでなくハムスターやうさぎなど、小動物の飼育によく使われています。

 

メリットとしては、価格が水槽タイプのものに比べて安いことや風通しがよく衛生的。そして飼育用品に関しても金網前提で作られているものが多いので、拡張性も高いです。

比較的掃除などメンテナンスもしやすいのが多いのも特徴です。

 

デメリットとしては、げっ歯類の性なのかほぼ100%金網をかじります。その音が部屋の中ですごく響くので騒音が気になったり、デグー自身も歯のかみ合わせが悪くなる子がいるなど、悩ましい問題もあります。

それと、デグーは非常に散らかします。金網タイプの場合はうんこや牧草がケージの周りに飛び散りますから、頻繁な掃除が必要となるでしょう。

 

SANKO イージーホームハイ40

スタンダードな金網タイプのケージです。

デグーに必要な高さも十分にありますし、用品の設置などもしやすくデグーの成長を長く見守ることができますから、初めてデグーを迎えるという人にも最適なケージといえます。

 

脱出ができないように出入り口のカラビナがありますし、床が金網タイプで引き出しのように引き出せる設計なので日常の小屋掃除も手軽で便利です。

デグーの飼育にとって不便はほぼないでしょう。

 

大きさ的には一匹のデグーを飼育するという人にぴったりです。

うちのまゆぞうもこのタイプの旧型を使っています。

 

SANKO イージーホームロー80

先程のケージの幅広タイプです。

イージーホーム40のちょうど2倍ぐらいの容量で、デグーものびのびと飛び回れる大きさのケージです。予算や部屋の広さに余力がある場合はこちらのケージを選ぶのも良いでしょう。

 

引き出しトレーが2つになっていますから、工夫次第で左右に分けて40サイズとほぼ同じように日常の掃除ができますし、もし2、3匹の多頭飼育を検討している方はこちらのサイズを選びましょう。

 

水槽タイプのケージ

水槽タイプのケージはもともと爬虫類の飼育が多かったですが、最近ではハムスターの飼育にも使われるなど、体の小さな小動物にフィットしたケージです。

 

メリットとしては、透明ですから写真を撮るときに非常に便利ですし、金網のようにかじられてうるさいということはほとんどありません。

さらに散らかしがちなデグーからすると、ケージの周りが汚れにくいので飼い主としても助かるでしょう。

 

デメリットとしては、空気の循環が金網タイプに比べて少ないので熱がこもりがちであったり、ニオイが中で充満しやすくデグー独特の匂いで酔いそうになります。

そして基本的に水槽タイプは横に広いので、デグーの好きな上下運動をさせるには工夫が必要ですし、用品の設置も容易ではありません。

そして金網タイプに比べて価格が高いので手を出しにくいという一面もあります。

 

GEX グラスハーモニー600


デグーの動きや表情がきれいに見える、清潔感あふれる水槽タイプのケージです。

高さはありませんが、ケージの幅が広いですからケージ内のレイアウト次第では岩場や木材を入れることで野生の環境を再現するようなアクアリウムのような楽しみもできます。

 

もともと小動物を飼育すること考えて設計されていることもあって、回し車の設置や通気性など水槽タイプのデメリットと言われていた部分はかなり解消されています。

 

ただ1つ気になるのが、床面がプラスチックなのでデグーの場合容易に破壊して、脱出していくことが想像できます。

ある程度は破壊されるであろう覚悟と脱出されたときの対策をとっておいたほうが、良いかもしれません。

 

SANKO パンテオンホワイト6035


こちらは全面ガラス張りの高級感あふれるケージです。

高さや幅などは先程のケージと変わりませんが、全面的にガラスを使い支柱には金属を使っているので、頑丈さに置いてはこちらのほうが安心です。

通気性も考慮されてメッシュ部も多数使われていますので、匂いがこもるリスクもかなり軽減されています。

 

ただ爬虫類の飼育を前提としたケージということもあり、小動物用の用品は設置しにくいでしょう。

デグー用品を買うときはしっかりと選定が必要です。

 

デグーの飼い主さんはこんなケージを使っています

ここまでデグーの飼育に必要な環境やおすすめのケージをご紹介してきました。

では実際に飼育している人はどのような環境を作っているのか見ていきましょう。

 

水槽タイプ

 

水槽タイプだとこんなふとした瞬間を”パシャっ”と収められるのが魅力です。

金網のケージの場合はどうしても柵がじゃまになりやすく、良いアングルを考えているうちにどっかへ行ってしまいます。

 

横に広いと、見た目にも広々としてていいですね。

 

衣装ケース

 

なんと衣装ケースを改良してデグー専用のケージを作っている人もいます。

金網の設置などで通気性の問題も改善されていますし広さも十分にありますから、デグーにとっても非常に快適な空間となっていますね。

 

バーベキュー用の金網や網の作など100均でも用意できそうな用品もありますから、工夫次第ではとても低コストにお家が作れそうです。

 

マンションタイプ


4階建て大型ケージですね。デグーにとって縦移動も横移動も余裕ですし、なんなら各階に分けてデグーマンションを作ることもできそうです。

3匹以上の飼育を考えている人にはピッタリのケージですね。

 

プラスチックダンボールのサークル

 

ケージとはちょっと違いますが、散歩用のサークルもあります。

 

デグーは本来運動量がすごい生き物ですから、ケージから定期的に出して遊ばせてあげたほうが良いです。ただ彼らも興味のあるものはまずかじってみるという習性があり、ドアやリモコンはもちろんのこと、財布やコンセントなど身の危険も顧みずとりあえずかじります。

 

こういった事故から彼らを守るためにも、外に出す場合は安全なサークルを用意するなど対策を考えておくと良いでしょう。

 

飼い主の負担とデグーの快適さのバランスを取りましょう。

ここまでいろいろな市販のケージや手作りのケージなどをご紹介してきました。

飼い主さんはそれぞれ様々な工夫をしながらデグーの飼育を楽しんでいるようですが、必ずしもこれがあなたにとっての正解というわけではありません。

 

それぞれのケージに一長一短があり、デグーにとっても快適の度合いが違います。

それと同時に飼い主さんのライフスタイルや掃除による負担なども少なからず出てくるでしょう。

いくらデグーにとってこれが抜群の環境だと思っても、飼い主さんの負担が大きすぎて日常に負荷がかかりすぎて、結果的に世話が満足にできなくなっては本末転倒です。

 

デグーのライフスタイルと飼い主さんのライフスタイルのバランスを取って、ちょうどよい妥協点を探して、より良い環境づくりを目指しましょう。